電話予約LINE予約WEB予約

医療レーザー脱毛と脱毛サロンの光脱毛の違いについて

手脚や背中などの素肌をよりキレイに魅せるため、ムダ毛をセルフで除毛している人は多いと思います。でも、毎日のようにお手入れするのは手間も時間もかかって大変ですよね。

そんなセルフ脱毛の苦労から解放されたい!という思いから、脱毛施術を検討する人が年々増え、そのニーズに応えるための専門機関もたくさん生まれました。

しかしいざ脱毛施術を受けよう思うと、クリニックで行う「医療脱毛」と、エステサロンで行う「美容脱毛」、どちらがいいの?と悩みますよね。

フェミークリニックのナース

そこでこのページでは、「医療脱毛」の中でも近年主流になっている「医療レーザー脱毛」と、サロンで光を当てて行う「美容脱毛」の違いについて、医師監修のもと徹底的に解説いたします。

フェミークリニックの医療脱毛の特徴についても交えて解説しますので、ぜひ脱毛施術の参考にしてみてください。

その① エネルギーの強さが違う

医療レーザー光の到達範囲イメージ

クリニックで行う「レーザー脱毛」も、サロンで行う「光(フラッシュ)脱毛」も、毛を作り出す働きをする機関に熱を与えてそのダメージでムダ毛を生えにくくするという点は同じです。

その違いは、当てる熱のエネルギーの強さにあります。

医療レーザー脱毛の光は、毛根まで強いエネルギーが届くレーザーで、毛を作り出す「毛母細胞」ごとピンポイントで破壊します。

これは医療行為にあたるため、医療機関でしかできない施術です。

一方、エステサロンで照射する光は、レーザーに比べると弱いエネルギーで、毛を作る働きを一時的に弱らせるまでしかできません。

その② 脱毛効果の継続が半永久的か、そうでないか

自分の腕をなでる女性

医療脱毛は毛を作り出す組織ごと破壊するため、破壊された毛根からは半永久的に毛が生えてきません。

一方、光脱毛は毛根ごと破壊できるわけではないため、しばらくするとまた生えてきてしまう可能性があります。

つまり永久脱毛は、医療脱毛でしか実現しません。(医療脱毛でも打ち漏らしなどで毛根を十分破壊しきれなかった場合、また生えてくる可能性はあります)

その③ 脱毛完了までの照射回数や通う回数

レーザー光の照射範囲イメージ

毛根に当てるエネルギーの強さが違うため、医療脱毛は美容サロン脱毛に比べて通う回数が少なくて済みます。

部位や個人の毛量にもよりますが、自己処理がほぼ不要になるまでは、ワキを例にすると下記の回数くらい違いが出ます。

医療脱毛:5~6回くらい

サロン脱毛:12回~

また、脱毛の施術は毛が生え変わる「毛周期」に合わせて行う必要があるため、施術の間隔は2~3か月ほど開ける必要があります。

したがって、ワキ脱毛を開始してから生えてこなくなるまでは、下記の期間が必要です。

医療脱毛:1年~1年半

サロン脱毛:2年~

これらはあくまでも目安です。クリニックやサロンで使用するマシンの種類や技術、また患者様の体質によって前後します。

フェミークリニックの医療脱毛は、患者様の毛周期や体質に合わせた確実な脱毛スケジュールで施術を行います。

また、打ち漏らしを防ぐために1/3ずつ重ねての照射を徹底しています。

その④ 施術者が有資格者かどうか、その場で治療できるかどうか

腕の脱毛施術

医療脱毛は毛根を破壊する医療行為です。

したがって、レーザーを当てる施術は、看護師や医師など、国家資格である医療資格を有した人間が行います。

一方、脱毛サロンでの光脱毛は基本的に医療資格を持った医師や看護師は不在で、社内の研修を受けたスタッフが施術を行うことが多いようです。

また、医療脱毛は医療機関で行うため、万が一肌に異常が現れた場合は、その場で医師による診察と治療行為が行えるため安心です。

エステサロンでの脱毛で異常が出た場合は、提携している病院か近くの病院で治療をしてもらう必要があります。

医療脱毛は美容サロン脱毛より 痛いって本当?

患者とナース

医療レーザー脱毛もサロンでの光脱毛も、熱エネルギーで毛根の働きに作用させる施術です。その発する熱が、痛みとして認識されます。

医療脱毛はサロン脱毛に比べて熱エネルギーが強い分、痛みが出やすいのは事実です。

しかし痛みの感じ方は個人個人で異なるものの、一般的には耐えられないほどではないとされています。良く言われる例えが「輪ゴムでパチンと弾かれたような痛み」です。

その痛みも、最近のマシンは冷却装置がついているので、医療レーザー脱毛が世に出てきた頃に比べて感じにくくなっています。

ただデリケートゾーンであるVIO脱毛は、皮膚が薄くムダ毛は太いため、痛みが強く出やすい箇所です。

時間がかかっても痛みが少ないほうが良いという理由で脱毛サロンでの光脱毛を選ばれるのも一つの選択です。(サロンでの脱毛も痛みが皆無というわけではありません)

フェミークリニックでは、痛みを感じやすい部位はお声をかけさせていただいて、照射スピード緩めるなど、痛みを連続して感じないように配慮しながら照射します。

また、患者さまの肌質や毛質に合わせて性質が異なる複数のレーザー機器の中から最も適した機器を選定して使用します。

施術前のテスト照射で痛みや赤みなどの反応を確認してから脱毛を行いますので、もし痛みが強いようでしたら、遠慮なくお伝えください。

それでも痛みが心配という方のための麻酔クリーム(別料金)もございます。

お気軽にお申し付けください。

医療脱毛はサロン脱毛より高い?

医療脱毛は効果が高い分、一回あたりの金額はエステ脱毛に比べて高額です。

しかし先程ご説明した通り、医療脱毛は通う回数が少なく済みます。

エステ脱毛の場合、最初に契約する金額は医療脱毛に比べて安く済んだとしても、完全に脱毛が完了するまで想定より余分に回数がかかってしまい、トータル金額は同じかそれ以上になってしまう場合もあるので注意が必要です。

またサロン脱毛の場合、毛根を完全に壊せるわけではないため、また生えてきた時に再び通う必要があることも考えておきましょう。

医療レーザー脱毛とエステサロンの光脱毛の違いまとめ

これまでご説明してきた医療脱毛とサロン脱毛の違いについて、簡単に表にまとめました。

医療脱毛

エステ脱毛

脱毛方法

レーザー脱毛

光脱毛

脱毛効果

永久的な脱毛効果が得られる

一時的な減毛

施術回数

5回~

12回~

通う期間

1年~1年半

2年~

施術者の資格の有無

国家資格を持った医師や看護師が行う

資格の有無は関係ない。研修を受けたスタッフが行う

肌トラブルへの対応

医師がその場で対応し、薬を処方できる

医師がいないため、提携病院か近く病院へ

痛み

ゴムで弾かれたような痛み(部位による)

熱を多少感じる痛み(部位による)

費用

一回ごとでは高価だが、少ない回数で脱毛が完了するので、結果として安く抑えられる可能性がある

一回ごとでは安価だが、効果に満足するまで施術回数がかさむ可能性があるため、結果高額になってしまうことも

これらの違いを検討された上で、もし医療レーザー脱毛にご興味があれば、ぜひフェミークリニックの医療脱毛のページもご覧ください。

また、無料カウンセリングも行っていますので、医療脱毛やフェミークリニックの医療脱毛についての知りたいことがあればぜひご予約の上一度クリニックまでお越しください。

疑問点や質問について医師が丁寧にご説明させていただきます。

フェミークリニック総院長 北山 英美子 (東邦大学医学部卒業 日本形成外科学会所属)

このページの監修医師

フェミークリニック総院長北山 英美子

東邦大学医学部を卒業後、東邦大学形成外科に入局。経験を積んだのち、渋谷フェミークリニックを開院。2006年よりフェミークリニック全6院の総院長を務める。

  • 最終学歴
  • 東邦大学医学部
  • 所属学会
  • 日本形成外科学会
  • 日本美容外科学会
  • 日本皮膚科学会
医師監修美肌ケアアドバイス トップへ戻る

各院のご紹介

Introduction

フェミークリニックでは、各院ごとの特徴や治療内容など、患者さまへしっかりとお伝えするために各院ごとに専門サイトをご用意しております。治療メニューの詳細や料金は、各院サイトをご覧ください。※外部サイトへ移動します。